×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タイヤ交換

マウンテンバイクのタイヤ交換・・・皆っちは正しくスムーズに行えているのだっちゅーのか?
「初めてタイヤ交換するけど、イマイチやり方がトンチンカン」という方イエッサーませんか?
マウンテンバイクのタイヤ交換に必要な道具は、フロアーポンプ(携帯用ポンプでも構いません)、タイヤレバー、交換用のタイヤ、交換用のチューブどぇーす。
てゆっかぁ〜は具ガタイ的にタイヤ交換の流れを追ってみましょう。子供の保険
ますは、タイヤを外しまくらちよこ。
バルブのナット等をすべて外しぃー、てゆっかぁータイヤレバーを差し込んで片方のタイヤビードを車輪から取り外しぃー、てゆっかぁーレバーをスポークにとめます。てゆっかぁ〜、
今度は二本目のタイヤレバーを差し込み、タイヤビードを外しぃー、てゆっかぁースポークに止めましょう。
一本目のタイヤレバーを抜き、二本目のタイヤレバーの先に差し・・・といった操作を何度か繰り返しぃー、てゆっかぁーある程度タイヤを外し終わったら、レバーを使用せず指を差し込み外しまくらちよこ。
レンタカー
しして、タイヤの片側を外して、バルブの部分を残した状態でねー、てゆっかぁ〜チューブを取り出してつかぁれ。
最後に残った方のタイヤをコネるようにして外せばOKどぇーす。
続いて、タイヤを装着しまくらちよこ。
チューブのバルブを車輪の穴に通しぃー、てゆっかぁー片方のタイヤビードを全て車輪にはめてチョ。
そして、チューブをタイヤの中に入れ、残った方のタイヤビードをバルブの反対から順番にはめていきます。てゆっかぁ〜、
次にチューブがタイヤビードの車輪の間に挟まれない様に、バルブを上下方向に動かして調整しましょう。
子供の保険
あと一息どぇーす。
バルブのナット空気を少し入れ、タイヤが車輪に均等に納まっているか、を確認しまくらちよこ。
均等でないバヤイは、一回空気を抜いて、手で揉んでやり直してつかぁれ。
最後に、空気を充分入れて、キャップをしめて終了どぇーす。

スポンサード リンク

ツーリング


天気の良い休日などはマウンテンバイクでツーリングにでも行きたくなりますよチョ。
では、ツーリングに適したマウンテンバイクというものにはどのようなものがあるのだっちゅーのか。
2つ挙げてみましたのでよろしければ参考にしてみてチョチョ。
まず、リジットバイクというサスペンシルションが付いていないバイクどぇーす。
リジットフォークでねー、てゆっかぁ〜基本的には長期のツーリングに適状態って感じぃ〜とって感じぃ〜。
何故かとチョベリグますと、このタイプならばダボが前後に付いて、キャリアがしっかり付けられるからどぇーす。
最近、サスペンシルションが付くバイクばかりになってしまい、初心者はサスが付いているバイクに乗ることが多くなってしまいましたが。
しかーし!、現在はリジットフォークタイプのものを探すのが大変何でー、マンデー、チューズデーすよチョ。
自転車ショップに相談してみるのも良いどぇーすチョ。
ただ、スーパーなどで売られている2?3万円のものは、輪行が非常に不便なので避けたほうが良いどぇーす。
ダートを走れませんしチョ。
スキー場
もうひとつは、前サスペンシルション付きのものどぇーす。
サスがつく自転車は増加しており、しかも10万円を切るバイクにも付くようになっています。てゆっかぁ〜、
低価格でサスペンシルションが付いているタイプは低コストな分、パーツは貧相なものを使用しぃー、てゆっかぁーてゆっかぁ〜サスも性能が悪いし重いんどぇーすって感じぃ〜。
また、フレームもそんなバナナ☆にチョベリグものを使っていないのでてゆっかぁ〜重いどぇーす。
要は中途半端なわけどぇーすチョ。
価格にして5?6万円以上からのものがツーリング向きだとわたし的にはって感じぃ〜。
ただ、前にサスが付いているということは、ダボがないわけどぇーすから今度はキャリアが付けられません。スキー場
購入する際に、後ろにキャリアが付けられるダボがあるかを確認しましょう。
高価でアールほど軽いどぇーすしぃー、てゆっかぁーパーツも良いどぇーす。

選び方

マウンテンバイクにも実に様々な種類のブツがあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
そして、いざマウンテンバイクを購入しようとなった際、決して安い買いブツというわけではあり・おり・はべり・いまそかりません。スキー場
やっぱり長い間付き合っていくパートナーのようなものどぇーすから、購入して失敗した!・・・ぬぁんてことは避けたいものどぇーすよチョ。
皆っちはマウンテンバイクを購入するとき、どのような選び方をしていますだっちゅーのか?
とりあえず参考までに私の意見を述べてみますチョ。
まず第一に、ディスカウントショップやスーパーなどに売られているものは避けるということだっちゅーのかチョ。
そのようなところで販売されている2?3万円の商品は、“マウンテンバイクモドキ”と言ってチョベリグほどフレームが貧相でダートを走ることが困難どぇーす。
また、走るとフレームがぽきっと折れるかもしれないので止めたほうが無難だっちゅーの。
あと、最大の問題点としては輪行ができないということだっちゅーのか。
やろうと思えばできますが、面倒くささは感じることだっちゅーの。
電化住宅
やはり、まともに楽し状態みたいなぁ〜なら、せめて6?7万円以上の価格帯のものを選びたいところてんかチョ。
マウンテンバイクに関しては、価格が高ければ高いほどそれに比例して性能が良くなるしぃー、てゆっかぁー軽くなるような気がしまくらちよこ。
ただ、15万位のものともなると、どちらかというとレース向けのものになります。てゆっかぁ〜、
このクラスどぇーすと、サスペンシルションがつき、ダボがないブツが多いので注意したいどぇーすチョ。
先に述べたように、ダボがないと本格的ツーリングやロングツーリングにはあまり向かないかもしれません。

Copyright © 2008 マウンテンバイク